ふざけるべし!

子どもは覚えるのが早いと、大人は言いますが、そうかなあ、なかなか覚えられない事もありますよ。例えば、heartとstarは日本語でもハート、スターというので、みんな知ってますが、squareはみんな知りません。10人いたら、1人か2人知っている子がいて、この子たちは、ベイビークラスでshapeのソングを歌ったことがあった、ご家庭でお母様がDVDなどの教材を見せてくれていた、等でしょう。

 

2、3歳のなんでも覚えられるゴールデンタイムを逃してしまった残り8人の子はどうするか?宿題として、お家でshapeソングの入ったCDを聞いて来てねというのも手でしょう。

 

ただ、私の経験では、この8人の子のうち、4人はお家で宿題をやりません。家に帰ったら英語なんて忘れてる、CDプレイヤーを自分で使えない、理由は色々です。


宿題を出す度に、できる子とできない子の格差がひらいていく現実。

 

10人中1人でも大問題です、それが4人も、いつまでたってもsquareが覚えられないなんて、最悪ですよ。

 

行き詰まったら、ふざけるべし! 

「あ、そういえば、そこにあるのはつくえやー

これはsquare、なんちゃって!」

 

信じられない話しですが、これで落ちこぼれゼロです。

以前勤めていた英会話学校では、子どもたちに好きな形を聞くとheartやstarでしたが、私の学校ではお気に入りNo.1はcircleとsquareです。

楽しく覚えられたので、愛着も湧いたのでしょうね。

 

No kids left behind...

私の大好きな言葉です。